読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆいのにっきちょう

猫好き絵描きの備忘録。

「子猫がいる」

「うちの庭を、見た事のない小さな子猫が、得意げに歩いてた!」

母ちゃんが私にそう言ったのは、二週間くらい前でしょうか。

 

「は?」

「黒くて茶色で、小さいの!」

この辺で最近子猫が生まれたなんて話は聞いたことがないぞ。

 

それから数日、どんなに見回しても、そんな子猫はおらず。

「…母ちゃん最近、老眼とドライアイが酷いよね…。加齢による幻で気のせいじゃね?」

「ううっ、否定ができない…」

 

そんなこんなで10日くらい経過した頃。

 

普段聞かない鳴き声が、どこからともなくするようになりまして。

明らかに子猫の声。

それも絶対にお母さんを探してる、必死な子猫の声。

これは明らかに、近くにいる!

 

ハラハラしていると、ついに外猫さんの餌場に現れました。

猛暑続きの八月真っ只中。

喉が渇いてしょうがなかったのでしょう、水を求めてフラフラしてる子猫の姿を、やっと見る事ができました。

https://pbs.twimg.com/media/CMcTrfkUsAAz7uN.jpg:large

f:id:yuikawanishi:20150831183031j:plain

小さい!!

たぶんまだ2ヶ月、いっても3ヶ月。
でもこんな子猫の行動範囲内で、外飼いで産んだなんて全く聞いたことがない。
模様も見たことがない。
どこから来たの??


謎のまましばらく日数が過ぎても、まだうちの庭周りをウロウロ。

 

「怖くないよ、餌もあげるよ。こっちにおいで」

そう言っても、近寄るとすぐにサッと逃げてしまう。

これは困った…。

 

そんな子猫は、人間は怖いけど、猫は好き。
外の他の猫にニーと鳴きながら近寄って行っては、シャーシャーと拒絶され、しょんぼりする子猫。
そして母猫を求めて、昼も夜も鳴き続けていました。

それはもう悲痛な叫び声でした…。

 

なんとかしてあげたいのになあ…。

水と子猫用の餌を用意して、様子を見る日々。


そんなある日、子猫は家の中の吟ちゃんに気付き。
吟ちゃんも子猫に気付き。

f:id:yuikawanishi:20150831183610j:plain

近寄っても拒絶しない吟ちゃんに、子猫は大喜び!

小さな体で、必死に腕をのばして、窓越しに二匹で遊び始めた。
これはいけるかも!!


そして昨日、子猫が通れるだけの隙間を開けておいたら、子猫が自分から我が家に入ってきました!
吟ちゃん大はしゃぎーー!!

f:id:yuikawanishi:20150831183846j:plain

ニコの通院用に買ったソフトケージが、こんな形で使う日が来るなんて。

 

数十年、猫を飼ってますが、初めての多頭飼いです。

名前は「麦」にしてみました。
小さな小麦は大麦となり、ビールになるか焼酎になるかウイスキーになるか。
乞うご期待!